ワールドメイトでマインドコントロールはありえない

もともと神様好きな人もいるし、宗教がマインドコントロールとは言えない

「すべての宗教はマインドコントロールである」などと主張している人たちがいます。

 

神や仏の存在を認めない人、無神論者にとっては、宗教行為を行うこと自体が、マインドコントロールされているからだとしか思えないようです。

 

しかし、広く世界では、9割以上の人々が、神を敬い、神に祈り、神の守護を実感しながら生きている、有神論者なのです。

 

神がいることを科学では証明できない、などとよく言いますが、神がいないことも証明できず、神がいるかいないかを科学的に結論づけることはできません。

 

無神論、というのは、一種の考え方であって、真実でもなんでもないのです。

 

それと同様に、有神論だって、一種の考え方です。生まれつき、神様が好きな人もいますし、「神様が好き」という感情は、自然と自発的に生まれた気持ちである場合も多いのです。全ての信仰がマインドコントロールのせいであると結論づけるのは、極めて無理があると言えるでしょう。